我が家のうさぎ ネザーランドドワーフ こてつの日記

我が家は、家族?主人?とも言える1羽、・・・のネザーランドドワーフのウサギがいます。うさぎ生活の中での情報発信を
していきたいと思います。うさぎと生活は、初めてなので驚き不思議もいっぱいです
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
うさぎにサプリメントって必要でしょうか?

最近、ペットショップでも、ネットショッピングでも、良く見かけるようになった。ウサギ用のサプリメント

 

人間と同じように、補助食品であるので、使えばいいとは思いましたが、種類が多いので調べてみました。

 

 

 

 

● 総合栄養剤

うさぎはビタミンB群については、盲腸ふんから摂取してるらしく、ビタミンDの要求量は少なく、カルシュウムの過剰摂取は危険でもあるので、日常的には適さない。ストレスや、体調不良時に少量、また含まれている栄養素などが、明確に明記されてるものがいい

 

 

●乳酸菌

乳酸菌を含むサプリや、ヨーグルトなどは、胃液や胆汁で死滅するので意味がないであるとか、抗生物質起因の下痢対策としては効果ありなど、評価は色々、胃液に耐えれる商品もあるらしいです。

 

 

●納豆菌

腸内の善玉菌を増やす効果があり、デンプン分解、タンパク質分解の酵素が含まれており、毛球症には効果があるそうです。

 

 

●パイナップル、パパイヤなど

両者ともタンパク質分解酵素を含んでおり、パイナップルは果肉に、パパイヤは、木の樹液 若い果実に多くふくまれているそうです。毛球症への効果は1番メジャーです。固まった毛を分解するのではなく、固めているタンパク質、デンプンを分解し、排泄しやすくする。本来は、パイナップルは、100%の生ジュースを、1日5ミリリットル〜10ミリリットルが最適らしい。

パパイヤについては、天日干し、錠剤 ペレットなどがありますが、ドライフルーツタイプが1番効果があると言われてます

 

 

●免疫力向上

アガリクス、マイタケなどキノコを原料としたもの、又、花粉、ミツバチの分泌物からできるプロポリス。母乳に多く含まれるヌクレオチド、ビール製造時にできるビール酵母

 

 

●まとめ

ウサギ用として色々なメーカーから販売されてますが、信頼できるメーカーからの購入が1番になるとおもいます。本来環境が整っていれば、サプリメントなどは、必要なくても長生きできると言われてます。いかに普段から、状態をみておく必要があるのか、あくまでもサプリメントは補助食品であるので、様子がおかしいなと思えば、鳴くことのできないうさぎですから、早めに獣医さんに行くことが、大事です。

 

こてつは、パパイヤのドライタイプが、大好物なのでついつい多めにあげてしまいますが、ちょっと気をつけます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

BS blog Ranking

スポンサーサイト
- | 08:39 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.